▼キラキラ女性を気取ってみた(い)

フシギダネと意識低い系の日常

ヲタクやった私が今でも好きな作品

昔は私もヲタクでした。

アニメを見漁り朝になり、漫画やグッズやフィギュアを買いあさり、乙ゲーにあけくれ、ドラマCDを聴いて悶え、ラジオを聴いてはにやにやしていました。(隠れヲタクやったんで仲の良い数少ない友人のみが知ってました)

 

最初は♂キャラに悶えてましたが、後に♀キャラに萌えるようになり、最終的には♂キャラに一切興味がなくなり♀キャラばかりに興奮してました。うん、決して変態ではない。

今でもアニメは毎期録画して数作品だけ観てますが、主に♀キャラが好きなのでほぼ日常系ですね。可愛いは正義!

♂キャラにキャー好き抱いて\となることはほぼなくなりましたが、人間的にこいつ好き格好ええなと思うキャラはいます。あと声フェチなんで目を瞑って声を聴きたいキャラもいます。そう、その声優さんが好きなんですね。

 

そんなこんなで社会人になり、それなりに忙しくなり(…忙しくないけど)、毎日仕事というもんがやってくるから、夜中までアニメを見る事も出来んくなって観るものがたまりまくって、たまり過ぎて観んかったら、来期のアニメが始まってて焦ってあわあわしてたら、気づいたら二次元から疎遠になって、あれれ?ヲタクじゃなくなった。そんな現在。

 

今やグッズも漫画も大量に売りました。

なにせ漫画やら多くて置く場所ないし部屋も狭いし散らかって汚いしで、しまおうと思ったらそこにもグッズがあってしまえんくてって状態やったんで、売るなよって感じですがばっさりすっきり売りました。

買っても汚れるんが嫌!派やったので、グッズは買って開けて見てにやにやして元に戻す。言うたら買ったまま一回開けただけで、そのまま保存してたんでほぼ新品良品で残ってました。フィギュアはさすがに飾ってたけど。

三千円後半くらいでかった薄桜鬼のタペストリーが七千円くらいで買い取られた時は、大変満足気でした。ありがとうございます左之さん、貴方は大層イケメンでした。

 

 

そんな中で唯一手元に残した漫画が一つだけある。

それは「最遊記」です。

ちょっと前に新シリーズのアニメもしてましたな!

二次元の世界に初めて恋をした。っていうどうでもいい情報も伝えときます。

 

特に最遊記外伝がたまらなく好きで、これに関してはうちの語彙力では言い表せん。最高、深い、胸が苦しい、私一生懸命生きるよ、神。みたいな感じです。是非読んで下さい。

絵も美しい以外の何物でもなくて、また話も漫画特有の綺麗事感だけやなくて、現実感あって、うぅって苦しくなるけど心に沁みる深い。

 

f:id:oimokura:20180217171445j:plain

まとめると、とにかく最高で最強の作品であるということ。

この作品を超えるものに私は未だ出会えてません。

 

内容のベースは西遊記でいいんかな?西遊記のパロディ的な?元の西遊記のお話をあんまよく知らんので、まあよく分かってません。すみません、、。 

 

昔を思い出してたら急に思い出した最遊記。すっかり漫画を読まんくなったけど、漫画やアニメの世界から元気をもらったり、何かを感じて考えたりやっぱりいいもんですね。たまには二次元の世界からパワーもらおう。

 

ちなみに恋した彼は猪八戒さんです。

クリスマスの日、どうしても八戒さんに会いたくて苦しくなった当時のことも思い出しました。会いたくてでも会えなくて震えてたあの頃、私は西野カナでした。

生きる次元が違うというのはなんとも切ないもんです。

 

[rakuten:comicset:10000963:detail]