▼キラキラ女性を気取ってみた(い)

フシギダネと意識低い系の日常

チョコを貰うのは当然じゃない

ハッピーバレンタイン!

f:id:oimokura:20180215114923j:image

嬉しい事がありました。

微妙な関係にある彼から少しだけ時間がないかと連絡が来て、次の日行こうと思ってたから明日じゃダメかと返信をしました。

しかし内心はもしかしてバレンタインやからか!?と興奮しそうになりましたが、いやまさかそんな気がつく人じゃない、期待してがっかりするのはお門違いや私落ち着けと深呼吸して冷静に返事を待ちました。

 

チョコをあげたかったけど明日で大丈夫(笑)と返信が来て、可愛いかよ!!!と案の定興奮しました。

 

もらったチョコはコンビニで売ってる明治の物。(上の写真の左右の。上は母から)

バレンタイン用に売られてるキメキメで包装されてるチョコをわざわざ買いに行ってくれたんかなと想像してしまってた私。

彼曰く「このチョコ買った瞬間にゴディバでも買いに行けばよかった」と気づいたそう。しかしもうこれを買ってしまったと。

 

勝手に想像膨らませて、その想像と違ってしゅんとすんのも勿論お門違い。

ゴディバでも高級チョコでもなかったけど、サプライズとかに興味のない人がバレンタインにチョコをあげたいと思ってくれた。

もうそれだけで十分やないだろうか。チョコの種類じゃない、その行動に感謝。

 

バレンタインにチョコを貰う事は当たり前じゃない。

何事も当たり前に思うと感謝の気持ちがなくなって、その当たり前をしてくれへんとイライラしてしまうって何かで読んだ。その通りやなと思った。

何も当たり前の事なんてない。

 

そう思うと嬉しい感情とありがとうの言葉しか出てこん。

ありがとう。とっても嬉しかった。

ごめんね私は何も用意してへんかったよ…。

 

 

帰ったらお母さんからもチョコをもらって幸せな一日であったと思います。ホワイトデーは手作りでもしよかな。

 

ダネから貴方にチョコを。

f:id:oimokura:20180215115003j:image

 かわいっっ!

(こんな満面の笑みでチョコを受け取って純粋に喜びを伝えられる可愛い人に私はなりたい!)

 

今週のお題「バレンタインデー」